胆石症 コラム

2014年6月27日 金曜日

胆石は福岡県、福岡市にある当院で治療しよう

胆石症と診断されたかたは治療をする必要があります。
治療法は手術、食事療法などが存在しており、
患者様の症状に合わせて選択することになります。
「経口胆石溶解剤」を飲んで治療するケースでは、
口から飲んだ薬で胆石を溶かしてしまうことができますが、
使えるケースは全体の数%程度です。

「ESWL」では身体にメスを入れることなく治療ができ、
胆石を粉砕するという治療法です。
すべての胆石に適応する訳でなはなく、
胆石が3個以内、石灰化のないコレステロール系結石で、
胆のうの聴取九が良好であることが条件となります。

手術の場合は、胆のうを全部取り除くことになります。
スコープを使う「腹腔鏡下手術」と開腹手術の2つ存在しており、
どちらの方法が良いかは胆のうの大きさにより異なります。
胆のうを手術で取り除けば後に胆石症となる可能性は低く、
胆石症である以前と変わらない生活を送ることができます。
初めは下痢気味になりますが、
日を追うごとに改善されていきますので、
ご安心ください。

胆石は放置しておくのが危険であり、
胆石症はもちろん、
他の病気にも繋がる可能性がある危険な病気ですので、
早期発見、早期治療が重要となります。
体内に胆石があるかたは相当数存在しており、
胆石が体内にあるかたは、
誰しもが胆石症になる可能性があるということを忘れないようにしてください。

投稿者 植木外科クリニック

福岡市中央区 平尾駅徒歩5分 植木外科クリニック TEL:092-534-5200
植木外科クリニック TEL:092-534-5200 ちょっとおかしいな??と思った方はご連絡ください。
アクセス



〒813-0013
福岡市中央区白金2-11-9
CR福岡ビル

【診療時間】
月~土 9:00~12:30
月火木金 14:00~18:00

【休診日】
水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

詳しくはこちら