胆石症 コラム

2014年7月11日 金曜日

胆石は福岡県、福岡市にある当院にお任せ

胆石は高コレステロールや高エネルギーの食事を食べ続けていると、
胆汁の中のコレステロールの量はどんどん増加していきます。
その結果、コレステロールが溶かされず、
結晶化して石になったものが「コレステロール胆石」です。
栄養バランスを考えた食生活を送ることが大事であり、
肥満になると胆石ができやすくなるので注意が必要です。
また、年齢を重ねたかたも胆石ができやすいという特徴があります。

主な症状は、お腹から背中の部分の鈍痛、発熱などがあります。
症状が悪化していくと、のたうちまわるような激痛に襲われることがあり、
同時に吐き気をともなうというケースがあります。
高熱が出た際は、「胆管炎」や「胆のう炎」を併発している可能性があります。
上記の症状が出た際は、一早く専門家に診てもらうのが一番です。

きちんと治療し、完治したとしても、
再発しないようにするにはご自身の生活を変える必要があります。
肥満体形のかたには胆石ができやすい特徴があるので、
できるだけ脂肪分の少ない魚や鳥肉でタンパク質をとるのが大事です。
他にはストレスが原因で胆石ができるケースがあるので、
ストレスが溜まらない生活を心がけるようにしてください。
また、コーヒーは胆石症を予防する効果があるので、
一日1杯以上飲むのがおすすめです。

投稿者 植木外科クリニック

福岡市中央区 平尾駅徒歩5分 植木外科クリニック TEL:092-534-5200
植木外科クリニック TEL:092-534-5200 ちょっとおかしいな??と思った方はご連絡ください。
アクセス



〒813-0013
福岡市中央区白金2-11-9
CR福岡ビル

【診療時間】
月~土 9:00~12:30
月火木金 14:00~18:00

【休診日】
水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

詳しくはこちら