胆石症 コラム

2014年8月 8日 金曜日

胆石は福岡県、福岡市にある当院で治療をしよう

胆石症の治療は胆石を除去することであり、
開腹手術で摘出する他には、胆石を溶かす溶解剤を服用する方法、
体外から衝撃波をあてて胆石を細かく砕く方法、
内視鏡を使って胆石を除去する腹腔鏡下胆のう摘出手術などがあります。
健康診断などで見つかった胆石は基本的に手術を受ける必要はありませんが、
小さい胆石をたくさん持っているかた、胆のうの機能が失われているかたは、
将来的に痛みを起こしやすいと言われています。
また、痛みがなくても胆のうの壁が厚い場合は、
慢性の炎症と胆のうがんの区別が難しいこともあり、
放置すると危険なことがあります。
上記のことが当てはまるかたは、
まずは専門家のかたに診てもらうのがいいでしょう。

胆石症の予防方法は、規則正しい生活をする、
食物繊維をたくさん摂取する、定期的に運動をして肥満を防ぐなどがあります。
特に運動不足のかたは肥満になりやすく、
肥満のかたは胆石症になりやすいという特徴があるので、
注意しないといけません。
小さい胆石を持っているかたは多数おり、
治療をする必要がないケースがありますが、
用心して検査をおこなうのがおすすめであり、
胆石症で苦しまないためには必要なことです。

投稿者 植木外科クリニック

福岡市中央区 平尾駅徒歩5分 植木外科クリニック TEL:092-534-5200
植木外科クリニック TEL:092-534-5200 ちょっとおかしいな??と思った方はご連絡ください。
アクセス



〒813-0013
福岡市中央区白金2-11-9
CR福岡ビル

【診療時間】
月~土 9:00~12:30
月火木金 14:00~18:00

【休診日】
水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

詳しくはこちら