胆石症 コラム

2014年9月 5日 金曜日

福岡県、福岡市にある当院で胆石の治療をしよう

胆石の治療は、手術で胆嚢ごと摘出する方法が一番です。
衝撃波で石を砕く方法や薬で胆石を溶かす方法などもありますが、
再発率が高く、成功率も低いので、あまり治療の際には用いられていません。
手術は腹腔鏡による手術をおこなっているところが多く、
腹腔鏡手術は、は体に4か所の小さな傷をあけ、
傷から細いカメラや鉗子などを挿入し、胆嚢を摘出する方法です。
腹腔鏡手術のメリットは傷が小さいので術後の痛みが少なく、
食事が早期から開始となり、体への負担があまりないことです。
手術後は2~4日での退院が可能ですので、
お時間がないかたでも手術はできます。

腹腔鏡手術にはデメリットもあります。
以前に上腹部の手術をしたことのあるかたや、
胆嚢炎を起こしているかたは腹腔鏡では手術難しくなってしまうので、
従来の開腹手術でしか手術ができないケースがあります。
まずは専門家に診てもらい、どのような手術が最適かを知り、
その上で手術をするかどうかを選択してください。

胆石は一度完治しても、不規則な食生活をしているかたや、
メタボリックシンドロームのかたは、
再び胆石ができ、治療が必要になるケースがあるので、
治療後は規則正しい生活をし、胆石ができないようにしないと、
治療をした意味がなくなってしまいます。

投稿者 植木外科クリニック

福岡市中央区 平尾駅徒歩5分 植木外科クリニック TEL:092-534-5200
植木外科クリニック TEL:092-534-5200 ちょっとおかしいな??と思った方はご連絡ください。
アクセス



〒813-0013
福岡市中央区白金2-11-9
CR福岡ビル

【診療時間】
月~土 9:00~12:30
月火木金 14:00~18:00

【休診日】
水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

詳しくはこちら