胆石症 コラム

2014年11月28日 金曜日

福岡で胆石についてお悩みの方は福岡県福岡市中央区にある当院にご連絡下さい

胆石症と呼ばれる病気は、
胆道と呼ばれる部位に結石が出来ることによるものの総称です。
発症する原因の一つとしてはコレステロールの過剰摂取です。

コレステロールを摂取し過ぎる事によって、
胆汁の中に多く含まれてしまい、余分となったコレステロールは、
胆汁の中で固まってしまいます。
これが核となって結石が形成されてしますのです。

成人病の心配としてコレステロール値などを気にされる事がありますが、
それは胆石症に関しても同様の事が言えてしまいます。
胆石症による症状としては疝痛と呼ばれる腹痛があり、
これは油の多い食事を取った際に上腹部に痛みを伴います。

胆石の有無を調べる検査は経静脈的胆道造影検査が信頼性の高いもので、
ほかにもCT検査といった事も用いられる事があります。

胆石症は放置していると最終的に胆のうがんといった、
恐ろしい病気を引き起こしてしまう可能性もありますので、
出来る限り異変を感じた際には専門家に相談する事が望ましいです。

福岡県福岡市中央区にある当院では胆石に関するご相談を、
幅広く承っておりますので、福岡で胆石に関してご不安がある際には、
是非一度当院にご相談下さい。

投稿者 植木外科クリニック

福岡市中央区 平尾駅徒歩5分 植木外科クリニック TEL:092-534-5200
植木外科クリニック TEL:092-534-5200 ちょっとおかしいな??と思った方はご連絡ください。
アクセス



〒813-0013
福岡市中央区白金2-11-9
CR福岡ビル

【診療時間】
月~土 9:00~12:30
月火木金 14:00~18:00

【休診日】
水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

詳しくはこちら