胆石症 コラム

2014年12月 5日 金曜日

胆石症の治療は福岡県福岡市中央区にある当院にお任せください

胆石症の治療をおこなう際には、
経口胆石溶解剤を飲む治療や、
体外式衝撃波破砕療法という治療を駆使して治療をおこないます。
経口胆石溶解剤を飲む治療は口から薬を飲み、
胆石を溶かすという治療です。
この治療法の欠点は、治療には最長で3年程の期間がかかってしまうことや、
効果が出ないケースが多いことです。
メリットは、入院をせずに済むことや切らないで治療ができる点です。
コレステロール系の結石の場合でしか効果がなく、
薬を飲んでも効果が出ない時には、手術をする流れとなります。

体外式衝撃波破砕療法の場合は、体にメスを入れることなく治療ができますが、
確実に結石が胆嚢にできている場合や、
結石の数が3個以下の場合などでしかできない治療となっています。
一回の治療時間は一時間程であり、
5回ほど繰り返して治療をおこないます。
10mm以下の胆石の場合は、1度で消失してしまうこともあります。
治療をおこなう前には精密検査をおこなう必要があるので、
興味があるかたは、精密検査を受けるようにしてください。

胆石症は放置しておくのが一番危険であり、
痛みを初めとした症状が出てしまうので、
日常生活を送る上でのネックになってしまいます。
福岡市にお住まいのかたでお悩みがあるかたは、
まずは当院にご相談ください。

投稿者 植木外科クリニック

福岡市中央区 平尾駅徒歩5分 植木外科クリニック TEL:092-534-5200
植木外科クリニック TEL:092-534-5200 ちょっとおかしいな??と思った方はご連絡ください。
アクセス



〒813-0013
福岡市中央区白金2-11-9
CR福岡ビル

【診療時間】
月~土 9:00~12:30
月火木金 14:00~18:00

【休診日】
水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

詳しくはこちら