胆石症 コラム

2015年2月20日 金曜日

福岡で胆石の治療をする際には福岡県福岡市中央区にある当院へ

胆石の治療をしようと思う方は、
どの治療法を選択するかが重要となります。
飲み薬による結石溶解療法の場合は、
治療期間が1年以上になることがある上に、
結石の消失率が20%ほどとなっているので、
確実に治したいと思う方に適している治療法ではありません。
また、ESWLの場合は、治療回数が10回以上になることがあり、
胆石の大きさや種類が限定されるため、
この治療法ができない方もいます。

おすすめの治療法は、腹腔鏡下胆嚢摘出術や開腹胆嚢摘出術です。
腹腔鏡下胆嚢摘出術は、手術跡は小さいので目立たず、
痛みもさほどないため、痛みで動けないということはありません。
また、食事や歩行が翌日から確実に可能点もメリットの一つです。
開腹胆嚢摘出術は手術時の痛みが強く、
起き上がることが難しいケースもありますが、
確実に胆石を消失させることができ、
食事や歩行も翌日から可能です。

胆石は放置しておくのが非常に危険であり、
放置している間にどんどん症状は進行しています。
しかし、初期段階ではあまり痛み等の症状がないため、
発見が難しいという厄介な部分があります。
検査と治療をしっかりおこなえば、
完治することができるので、
福岡に在住している方は、
福岡県福岡市中央区にお越しになって検査や治療してください。

投稿者 植木外科クリニック

福岡市中央区 平尾駅徒歩5分 植木外科クリニック TEL:092-534-5200
植木外科クリニック TEL:092-534-5200 ちょっとおかしいな??と思った方はご連絡ください。
アクセス



〒813-0013
福岡市中央区白金2-11-9
CR福岡ビル

【診療時間】
月~土 9:00~12:30
月火木金 14:00~18:00

【休診日】
水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

詳しくはこちら