胆石症 コラム

2015年3月 5日 木曜日

福岡市で胆石症の治療をするなら福岡県福岡市中央区にある当院をご利用ください

胆石症は、肝臓から出される胆汁の成分が、
胆のうの中で固まってたまる病気です。
日本人の10%もの方が発生していますが、
初期段階では特に痛み等の症状がないため、
発見がしにくく、放置しがちになってしまいます。
しかし、初期段階でも背中のあたりに違和感があるのが特徴であり、
痛みはしばらくすると楽になります。
一番恐ろしいのが疝痛と呼ばれる痛みであり、
この痛みがあって救急車で運ばれ、
初めて胆石症であることを知る方も少なくありません。

定期的に検査をおこなっていれば、発見が早まり、
適切な治療をおこなうこともできるようになります。
多くの病院でおこなうことができるエコー検査で発見をすることができ、
40歳以上の方は特に前向きに治療をしていくことをおすすめします。
薬を使用した治療や衝撃波による治療がありますが、
一番確実に胆石を取り除けるのが手術です。
炎症のない胆嚢の切除は、短時間で終わり、
傷が小さくて術後の痛みが軽い上に、
早期退院ができるので、手術を受けやすいでしょう。
結石が大きい場合は、開腹手術をおこなうことになり、
術後は1週間~2週間で退院となります。
福岡市に在住している方で検査や治療をおこないたいと思う方は、
福岡県福岡市中央区にある当院にお越しください。

投稿者 植木外科クリニック

福岡市中央区 平尾駅徒歩5分 植木外科クリニック TEL:092-534-5200
植木外科クリニック TEL:092-534-5200 ちょっとおかしいな??と思った方はご連絡ください。
アクセス



〒813-0013
福岡市中央区白金2-11-9
CR福岡ビル

【診療時間】
月~土 9:00~12:30
月火木金 14:00~18:00

【休診日】
水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

詳しくはこちら