胆石症 コラム

2015年3月13日 金曜日

福岡に在住している方は福岡県福岡市中央区にある当院で胆石症は手術を受けて治療しよう

胆石症の治療をする際には、
開腹手術か内視鏡下手術をおこなって治療するのが一番です。
薬を使用しての治療や衝撃波を活用しての治療がありますが、
確実に効果があるという訳ではなく、
治療期間も長くなってしまうというデメリットがあります。
開腹手術や内視鏡下手述の場合は、
効果は十分にあり、胆石を除去したい方はどちらかを選ぶのがおすすめです。

開腹手術は大きく切開するため、
術後の痛みが強い上に、入院期間が長くなってしまいますが、
内視鏡下手術の場合は、おへそのところに小さい穴を開け、
その箇所から胆石をとるという方法なので、
上記のようなデメリットはありません。
回復するのが早いとともに、
入院期間は3日ほどとなるので、
お仕事の都合で長期間休めないという方でも手述を受けやすくなっています。
また、傷は吸収する糸で縫っているため、
抜歯の必要がなく、傷が目立たないという点も評価されている要因です。
そのため、多くの方が内視鏡下手術を選択して治療をおこなっており、
完治しています。
福岡に在住している方で胆石症にお悩みの方は、
福岡県福岡市中央区にある当院にお越しください。
症状によりますが、内視鏡下手術で治療ができるケースは非常に多いです。

投稿者 植木外科クリニック

福岡市中央区 平尾駅徒歩5分 植木外科クリニック TEL:092-534-5200
植木外科クリニック TEL:092-534-5200 ちょっとおかしいな??と思った方はご連絡ください。
アクセス



〒813-0013
福岡市中央区白金2-11-9
CR福岡ビル

【診療時間】
月~土 9:00~12:30
月火木金 14:00~18:00

【休診日】
水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

詳しくはこちら