胆石症 コラム

2014年6月30日 月曜日

福岡県福岡市で胆石のことなら当院へご相談ください

生活習慣が不規則、
塩分が多い食事が好き、
脂肪分が多い食事を取り過ぎている、
喫煙の習慣がある、
運動不足になりやすい、
などの症状があると、
胆石になることがございます。

一般的に治療が可能であり、
現在では外科手術によらなくても、
投薬などによって、
早期に治療をすることも多くなってきました。

しかしながら、胆石はそのまま病状を放置しておくと、
激痛を伴うことも多く、
一向に解決しないまま、
患者さまに大きな負担となってしまう恐れがございます。

もし、何かご不安なことや早期治療、生活習慣全般の予防などを希望されるときには、
出来る限り早い段階で専門の病院にご相談をいただくことによって、
治療を進めることをお勧めしております。

福岡県福岡市で胆石の治療実績が豊富な当院であれば、
病状について正しく認識することはもちろん、
的確に治療を進めることも可能になっております。

もし、早期に治療を希望される場合には、
どのようなことでもまずご相談ください。
患者さまが胆石を繰り返しているなどの場合には、
習慣となってしまっている可能性もありますので、
早めに治療をすることをお勧めしております。

病状について正しい認識をしておかなければ、
大きな不利益を被る可能性もございますので、
ぜひ一度、ご連絡ください。

投稿者 植木外科クリニック | 記事URL

2014年6月27日 金曜日

胆石は福岡県、福岡市にある当院で治療しよう

胆石症と診断されたかたは治療をする必要があります。
治療法は手術、食事療法などが存在しており、
患者様の症状に合わせて選択することになります。
「経口胆石溶解剤」を飲んで治療するケースでは、
口から飲んだ薬で胆石を溶かしてしまうことができますが、
使えるケースは全体の数%程度です。

「ESWL」では身体にメスを入れることなく治療ができ、
胆石を粉砕するという治療法です。
すべての胆石に適応する訳でなはなく、
胆石が3個以内、石灰化のないコレステロール系結石で、
胆のうの聴取九が良好であることが条件となります。

手術の場合は、胆のうを全部取り除くことになります。
スコープを使う「腹腔鏡下手術」と開腹手術の2つ存在しており、
どちらの方法が良いかは胆のうの大きさにより異なります。
胆のうを手術で取り除けば後に胆石症となる可能性は低く、
胆石症である以前と変わらない生活を送ることができます。
初めは下痢気味になりますが、
日を追うごとに改善されていきますので、
ご安心ください。

胆石は放置しておくのが危険であり、
胆石症はもちろん、
他の病気にも繋がる可能性がある危険な病気ですので、
早期発見、早期治療が重要となります。
体内に胆石があるかたは相当数存在しており、
胆石が体内にあるかたは、
誰しもが胆石症になる可能性があるということを忘れないようにしてください。

投稿者 植木外科クリニック | 記事URL

2014年6月25日 水曜日

胆石は 福岡県、福岡市にある当院へ

胆石症になってしまう主な原因は、
コレステロールの高い食品を多く食べ過ぎていることにあります。
日本人が日本食を食べる機会が少なくなり、
だんだん食生活が欧米化しているかたは特に注意が必要です。
欧米では40代の女性が胆石症になってしまっているかたが多く、
食生活に問題があると診断されるケースが少なくありません。

胆のう内に胆石が留まっている間は何の症状もありませんが、
人間ドックで発見することができます。
健診の超音波検査でひっかかったというかたもいますが、
ほとんどの場合は定期的に超音波検査でフォローしているだけの状況です。

胆石が胆管を塞いでしまうと吐き気、嘔吐、
右わき腹やみぞおちのあたりに激しい痛みが生じるので、
日常生活を送ることが難しくなってきます。
食後の1~2時間後や過労の時に起こりやすいので、
このような症状があるかたはすぐに検査をおこなう必要があります。
胆のうがんや胆管がんに繋がるケースもあるので、気をつけてください。

ほんの少しの痛みや違和感だからといって放置しているかたは非常に多いですが、
症状が悪化した場合は、治療が難しくなってしまうので、
症状がひどくない内に治療をおこなうのが一番ですので、
福岡にお住まいのかたで気になる症状があるかたは、
福岡県、福岡市にある当院にご相談ください。

投稿者 植木外科クリニック | 記事URL

2014年6月20日 金曜日

胆石は福岡県、福岡市にある当院で治療しよう

胆石は日本の成人の約8%のかたが持っており、急激に増加しています。
増加した大きな理由は、食生活が欧米化したことであり、不規則な食生活を
しているかたや肥満体形のかたがなりやすい病気です。
胆石は胆汁が固まってしまうので、胆のうだけでなく、胆管にもできてしまい、
胆石ができる場所は3つ存在し、それぞれ症状が異なります。

「胆のう結石」の場合は、胆のうの中にできる結石であり、胆石の中で一番多く、
大部分がコレステロール結石です。「総胆管結石」は胆管にできる結石のうち、
胆のうから続く胆のう管や肝臓から続く肝管が合流した総胆管に
できた結石であり、多くは胆のう内にできた胆石が、総胆管に流れ落ちたものです。
「胆内結石」の場合は総胆管から十二指腸への出口に結石が詰まると、
上腹部に激痛を感じます。また、発熱を伴うケースもあるので、
上記の症状が出た場合は、胆石を疑い、すぐに専門家の診察を
受けるのが適切です。

胆石に関する知識がないかたはどんな病気かわからず、
放置してしまうかたが多いですが、他の病気になる
原因となってしまうケースもあるので、きちんと検査し、
発見した際はすぐに治療をおこなうのが一番です。
福岡県、福岡市にある当院では患者様に負担の少ない
手術ですぐに摘出することができるので、
福岡にお住まいのかたはお気軽にご相談ください。

投稿者 植木外科クリニック | 記事URL

2014年6月13日 金曜日

福岡県、福岡市にある当院で胆石を取り除こう

胆石ができてしまう主な原因は、コレステロールです。
メタボリックシンドロームのかたほどコレステロールを
多く摂取しており、胆石ができてしまうケースが多いので、
注意が必要となります。胆石持ちの人のほとんどが無症状胆石であり、
人間ドックで発見することができるので、人間ドックを受けたことがないかたや
受けてから数年たっているかたは人間ドックを受けるようにしてください。

胆石により胆管が閉塞してしまし、細菌が感染すると、
炎症を起こして高熱が出るケースがあります。また、
上腹部の痛み、発熱などの症状がある際は、急性胆管炎を
併発している可能性もあり、非常に危険と言えます。

胆石の恐ろしいところは、症状がまったく出ないのに
症状はどんどん悪化しており、重篤な状態となってしまうことです。
早めに治療をおこなえば、すぐに完治した場合でも
症状が悪化してしまった場合は、治療期間が長くなり、
経済的にも大きな負担となってしまいます。

小さい胆石の場合でしたら、簡単に取り除くことができ、
胆石のことを気にしないで生活ができるので、気持ちが晴れやかという
かたが多数存在しています。気になる点がある際は、お気軽に
福岡県、福岡市にある当院にご相談ください。

投稿者 植木外科クリニック | 記事URL

福岡市中央区 平尾駅徒歩5分 植木外科クリニック TEL:092-534-5200
植木外科クリニック TEL:092-534-5200 ちょっとおかしいな??と思った方はご連絡ください。
アクセス



〒813-0013
福岡市中央区白金2-11-9
CR福岡ビル

【診療時間】
月~土 9:00~12:30
月火木金 14:00~18:00

【休診日】
水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

詳しくはこちら