胆石症 コラム

2014年8月29日 金曜日

福岡県福岡市で胆石のことなら当院にご相談ください

胆石はそのまま放置してしまうと、
どうしても治療に時間がかかってしまう恐れがあります。
何が原因なのか分からず、
健康上の不安を抱えたままになってしまうことがございます。

胆石で強烈な痛みを感じる、
習慣になってしまい、治療で困っている、などの可能性があるときには、
出来る限り早く、専門の病院で治療を受けることをお勧めします。

何か胆石のことで不安がある場合には、
何が原因で引き起こされているのか、ということを正確に知る必要があります。

なかなか胆石は一度、習慣になってしまうと、
治りが遅い病気の一つで、
症状が完治するまでには時間がかかってしまうことが多くあります。

少しでも不安を感じる方は、どのようなことが原因で引き起こされているのか、
ということを正確に判断することが大切です。
福岡県福岡市で胆石について、
十分な知識と経験がある医師が在籍する当院であれば、
そのような症状に関して迅速に対応を進めることが可能です。

何か、病気のことで不安がある、
治療のことで悩みがある、などがございましたらぜひご相談ください。
諸問題については、迅速に解決を図るご用意がございますので、
まずは一度、ご連絡をください。

投稿者 植木外科クリニック | 記事URL

2014年8月22日 金曜日

福岡県、福岡市にある当院で胆石の治療をしよう

胆石の治療法の経口胆石溶解剤の場合は、
口から飲んだ薬で胆石を溶かすという治療方法です。
この方法は胆嚢が残り、治療に長期間かかるとともに、
胆石の再発の恐れがあるのが欠点です。
治療期間には幅があり、6~36ヶ月かかってしまいます。
メリットは切らなくて済む、入院の必要がないということです。
ただ、胆石の種類によっては効果がないものもありますので、
専門家のかたに診てもらわないと適切な治療法であるかはわかりません。

体外式衝撃波破砕療法の場合は、
体にメスを入れることなく治療できる方法です。
衝撃波によって胆石を細かく砕いていきますが、
確実に結石が胆嚢にできている場合、
結石の数が3個以下の場合、
胆石の種類がコレステロールで出来ている場合などでしか効果がありません。
胆嚢炎を起こしている場合は、胆嚢が炎症を起こして肥大し、
胆嚢壁が薄くなっているので衝撃波に耐えられないため、
この治療で治療をすることができません。
胆石の場合、胆嚢がすでにうまく機能していないこともあり、
体外式衝撃波破砕療法をおこなう場合は、
結果として胆嚢が体に残りますので、
きちんと機能しているかどうかも問題になりますので、
治療前に入念な検査をすることになります。

投稿者 植木外科クリニック | 記事URL

2014年8月18日 月曜日

福岡県福岡市で胆石のことなら当院で受診を

福岡県福岡市で胆石のことでお悩みがある、
ということであれば、専門に治療を行っている当院に、
ぜひ早期にご相談をされることをお勧めいたします。

胆石のことで、何か不安があると、
普段の日常の生活でも影響が出てしまうことがあります。
特に、腹部に痛みを感じるようになれば、
胆石が出来てしまっている危険性があります。

胆石は塩分が多い食事を中心にしている、
運動不足が目立つ、
不規則な生活をしている、
などが症状を引き起こすことで知られています。

年齢とともにリスクが高くなる病気で、
生活習慣病の一つにも分類されることがございます。
現在は、胆石は投薬によっても治療を進めることが可能になっており、
早期発見で開腹手術をしなくて済む場合もございます。

もし、胆石で何かご不安なことがございましたら、
どのようなことでもまずは一度、ご相談ください。
的確に治療をして、患者さまのご負担を少なくすることが可能でございます。

福岡県福岡市で胆石の治療に関しては、
先進的な治療を取り入れておりますので、
どのようなことでもまずはご相談をされることをお勧めしております。
もし胆石が疑われるご不安になった症状に関しても、
出来る限り早く治療をされることをお勧めいたします。

投稿者 植木外科クリニック | 記事URL

2014年8月 8日 金曜日

胆石は福岡県、福岡市にある当院で治療をしよう

胆石症の治療は胆石を除去することであり、
開腹手術で摘出する他には、胆石を溶かす溶解剤を服用する方法、
体外から衝撃波をあてて胆石を細かく砕く方法、
内視鏡を使って胆石を除去する腹腔鏡下胆のう摘出手術などがあります。
健康診断などで見つかった胆石は基本的に手術を受ける必要はありませんが、
小さい胆石をたくさん持っているかた、胆のうの機能が失われているかたは、
将来的に痛みを起こしやすいと言われています。
また、痛みがなくても胆のうの壁が厚い場合は、
慢性の炎症と胆のうがんの区別が難しいこともあり、
放置すると危険なことがあります。
上記のことが当てはまるかたは、
まずは専門家のかたに診てもらうのがいいでしょう。

胆石症の予防方法は、規則正しい生活をする、
食物繊維をたくさん摂取する、定期的に運動をして肥満を防ぐなどがあります。
特に運動不足のかたは肥満になりやすく、
肥満のかたは胆石症になりやすいという特徴があるので、
注意しないといけません。
小さい胆石を持っているかたは多数おり、
治療をする必要がないケースがありますが、
用心して検査をおこなうのがおすすめであり、
胆石症で苦しまないためには必要なことです。

投稿者 植木外科クリニック | 記事URL

2014年8月 4日 月曜日

福岡県福岡市で胆石の治療なら当院にお任せください

胆石は年齢とともに、仕事が激務である、
食生活が偏っている、
アルコールや喫煙の習慣が長く続いている、
などでリスクが高くなる病気です。

初期の段階では本人に自覚症状がないため、
定期健診などを受けていない方であれば、
痛みを覚えるようになってから症状が発見されてしまうことがあります。

かつては手術で取り除く方法がおもに用いられていましたが、
現在は投薬や開腹手術を伴わない、
患者さまの体になるべく負担がかからない方法で治療が可能になっています。

福岡県福岡市でも胆石に対して専門的な治療を行っている当院では、
初期の段階の胆石であれば、患者さまの体になるべく負担の少ない治療法を、
ご提案させていただきます。

多くの方を当院で治療してきた実績がございますので、
状況に応じて、柔軟に治療を進めることが可能でございます。
もし、患者さまの中で胆石のことで少しでもご不安を感じる方がいらっしゃれば、
出来る限り早く治療、検診を受けることをお勧めします。

胆石は大きくなってからだと、激痛を伴うこともあり、
手術をするにも体力的な負担が大きくなってしまうことがあります。
そのような状況は望ましいことではないので、ぜひ早期検診をしてください。

投稿者 植木外科クリニック | 記事URL

福岡市中央区 平尾駅徒歩5分 植木外科クリニック TEL:092-534-5200
植木外科クリニック TEL:092-534-5200 ちょっとおかしいな??と思った方はご連絡ください。
アクセス



〒813-0013
福岡市中央区白金2-11-9
CR福岡ビル

【診療時間】
月~土 9:00~12:30
月火木金 14:00~18:00

【休診日】
水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

詳しくはこちら