胆石症 コラム

2015年3月27日 金曜日

福岡で胆石症の治療をするなら福岡県福岡市中央区にある当院をご利用ください

胆石症の方の中には、痛みや発熱といった症状がある方がいる一方、
まったく症状がない方もいます。
初期段階の時には、症状がないケースが多く、
放置してしまう要因となります。
胆石症が気になるという方は、
まずは検査をおこなうようにしないといけません。
腹部超音波検査やCT検査などをおこなえば、
すぐに胆石症であるかどうかを知ることができます。

胆石症の治療の代表と言えるのが手術です。
総胆管を切開して胆管結石を除去というものであり、
無症状の時には手術をして治療することはできません。
ほかの治療法には内視鏡を活用した内視鏡的乳頭バルーン拡張術や、
内視鏡的乳頭括約筋切開術があります。
これは、内視鏡を活用し、
胆管の開口部の十二指腸乳頭部を拡張させ、
胆管結石を十二指腸内へ排石されるというものです。
これらの治療をおこなえば、
胆石を取り除くことができるので、
痛みや発熱といった胆石症の症状に悩むことはなくなります。

定期的に人間ドックなどの検査をおこなっている方ならまだしも、
検査をおこなっていない方は、
胆石症になっている方を知ることができないケースがあります。
検査と治療をしっかりおこなうことによって、
胆石症は改善できるので、
福岡在住の方は当院をご利用ください。

投稿者 植木外科クリニック | 記事URL

2015年3月20日 金曜日

福岡市に在住している方で胆石症の疑いがある方は福岡県福岡市中央区にある当院へ

胆石症は成人の方の10%以上の方がなっていますが、
ほとんどの無症状胆石なので、
自覚をしていない方は少なくありません。
食生活が欧米化してきたこともあり、
胆石症の方が多くなってきたので、
十分な注意が必要になります。
胆石の大きさは砂粒程度のものから、
小石程のものまであり、数も100個を超えるケースもあります。
この胆石が原因で腹痛や発熱といった症状を起こし、
日常生活に大きな悪影響となるので、治療の対象となります。

胆石症であることが心配な方は、
疑いがあるという方は、
まずは検査をおこなうようにすべきです。
超音波検査をおこなえば、ほとんどの胆石は診断をつけることができます。
ほかにも、点滴による造影検査の静脈性胆道造影、
内視鏡を使った造影検査の内視鏡的逆行性胆道膵管造影、
X線とコンピュータを使って身体の輪切りの写真を撮影するCT検査などがあります。
検査をおこなった結果、治療が必要であるのなら、
そのまま治療に関する御説明をすることもできます。
多くの患者様は短時間で短期間の手術で胆石を取り除いており、
完治しています。
福岡市に在住の方で胆石症の検査や治療をしたい方は、
福岡県福岡市中央区にある当院にお越しください。

投稿者 植木外科クリニック | 記事URL

2015年3月13日 金曜日

福岡に在住している方は福岡県福岡市中央区にある当院で胆石症は手術を受けて治療しよう

胆石症の治療をする際には、
開腹手術か内視鏡下手術をおこなって治療するのが一番です。
薬を使用しての治療や衝撃波を活用しての治療がありますが、
確実に効果があるという訳ではなく、
治療期間も長くなってしまうというデメリットがあります。
開腹手術や内視鏡下手述の場合は、
効果は十分にあり、胆石を除去したい方はどちらかを選ぶのがおすすめです。

開腹手術は大きく切開するため、
術後の痛みが強い上に、入院期間が長くなってしまいますが、
内視鏡下手術の場合は、おへそのところに小さい穴を開け、
その箇所から胆石をとるという方法なので、
上記のようなデメリットはありません。
回復するのが早いとともに、
入院期間は3日ほどとなるので、
お仕事の都合で長期間休めないという方でも手述を受けやすくなっています。
また、傷は吸収する糸で縫っているため、
抜歯の必要がなく、傷が目立たないという点も評価されている要因です。
そのため、多くの方が内視鏡下手術を選択して治療をおこなっており、
完治しています。
福岡に在住している方で胆石症にお悩みの方は、
福岡県福岡市中央区にある当院にお越しください。
症状によりますが、内視鏡下手術で治療ができるケースは非常に多いです。

投稿者 植木外科クリニック | 記事URL

2015年3月 5日 木曜日

福岡市で胆石症の治療をするなら福岡県福岡市中央区にある当院をご利用ください

胆石症は、肝臓から出される胆汁の成分が、
胆のうの中で固まってたまる病気です。
日本人の10%もの方が発生していますが、
初期段階では特に痛み等の症状がないため、
発見がしにくく、放置しがちになってしまいます。
しかし、初期段階でも背中のあたりに違和感があるのが特徴であり、
痛みはしばらくすると楽になります。
一番恐ろしいのが疝痛と呼ばれる痛みであり、
この痛みがあって救急車で運ばれ、
初めて胆石症であることを知る方も少なくありません。

定期的に検査をおこなっていれば、発見が早まり、
適切な治療をおこなうこともできるようになります。
多くの病院でおこなうことができるエコー検査で発見をすることができ、
40歳以上の方は特に前向きに治療をしていくことをおすすめします。
薬を使用した治療や衝撃波による治療がありますが、
一番確実に胆石を取り除けるのが手術です。
炎症のない胆嚢の切除は、短時間で終わり、
傷が小さくて術後の痛みが軽い上に、
早期退院ができるので、手術を受けやすいでしょう。
結石が大きい場合は、開腹手術をおこなうことになり、
術後は1週間~2週間で退院となります。
福岡市に在住している方で検査や治療をおこないたいと思う方は、
福岡県福岡市中央区にある当院にお越しください。

投稿者 植木外科クリニック | 記事URL

2015年2月27日 金曜日

胆石症の手術は福岡県福岡市中央区にある当院にお任せください

胆石症の発生頻度は非常に高く、
日本人の10人に1人は胆石症が発生しています。
特にメタボリックシンドロームの方は、
この胆石症が発生している可能性が非常に高いため、
気を付けないといけません。

胆石症の症状は、みぞおちの辺りに不快感を覚える、
あるいは腹痛があるといったものです。
こういった症状が出ている時は、
胆石症の症状が進行してしまっている証拠であり、
治療が必要であると考えるべきです。

治療をおこなう際には、投薬治療などがありますが、
一番確実なのが、手術です。
手術と聞くと気が引ける方もいると思いますが、
内視鏡を使う腹腔鏡下手術の場合は、
お腹に5~10mmの穴を開けて、
そこから手術器具や内視鏡を挿入し手術を進めるため、
炎症のない胆のうの切除は、短時間で完了します。
この手術が多くの方に選択されている大きな理由は、
傷が小さくて術後の痛みが軽い上に、
早期退院ができるというメリットがあります。
ほとんどのケースで日帰り手術となっており、
入院したとしても、1~2日以内となっているので、
お仕事が忙しい方でも手術をおこなうことができるはずです。
福岡在住で胆石症の治療をしたいと思う方は、
福岡県福岡市中央区にある当院にお越しください。

投稿者 植木外科クリニック | 記事URL

福岡市中央区 平尾駅徒歩5分 植木外科クリニック TEL:092-534-5200
植木外科クリニック TEL:092-534-5200 ちょっとおかしいな??と思った方はご連絡ください。
アクセス



〒813-0013
福岡市中央区白金2-11-9
CR福岡ビル

【診療時間】
月~土 9:00~12:30
月火木金 14:00~18:00

【休診日】
水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

詳しくはこちら